2年半Pixivで投稿してた長編小説を完結させた訳だが


 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2140199


 楽しかったり、しんどかったり、ブクマ10user超えしたり、いつまでたっても10userタグつかなったり、すぐ9userになって発狂したり、また10userになって発狂したり、11userになってスイッチ入ったり、それでもやっぱり10userタグは付きませんが、とりあえず、完結できてよかった。

2011年 完結させたWEB小説まとめ


 どうもです。すっかりと味噌舐め星人から遠ざかっておりますzokuzokuです。
 読んで頂ければ分かるように、味噌舐めは狂気より出でて正気に至る話なので書くのが難しいのです。いや、ほんと。
 というか、もうあれはあれで完結にしてしまってもいいのかなとも思っています。
 俺達の青春はこれからだぜ、ですよ。いや、書かなくちゃいけないことは決まってるんですけどね。なんか筆が進まないのです。ネガティブ成分が足りていないんですね、きっと。


 そんな訳で、はてなダイアリーではまったくといっていいほど人気が出ず、底辺の底を突き破って無間ブログ小説地獄に落ちて行く感じだった私ですが、今はpixivに移動してあいかわらず同じような感じでやっております。
 無駄に一話だけはpvとかポイントとか付きますが、そりゃもう酷いもんで、酷いもんで。
 一点つけるのは辞めて欲しいけど、なんかこのままでは不完全燃焼なんだろうそうなんだろうで。
 せっかくブログもある訳だし、久しぶりにここで紹介してみようかと思います、完結したモノだけ。
 小説は連載中のモノより、完結したモノの方が読んで貰えると聞いたこともありますので。これで少しでも点数やらブクマやら読者やらが増えてくれたら。嬉しい、嬉しいなぁ、嬉しいのかなぁ。。。

 という訳で、以下、2011年〜2012年四月までの期間でPixivその他で連載した小説になります。

○河童いまりシリーズ

【河童いまりと頭の皿】

 説明  : 幼女河童と青年の日常系小説
 連載期間: 2011年四月〜六月 全十三回
 URL   : http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=240056

鞍馬天狗と紅い下駄】

 説明  : 河童いまりの続編小説 幼女が増えるよ!!
 連載期間: 2011年十月〜2012年一月 全十三回
 URL   : http://www.tinami.com/view/313873

○箒娘シリーズ

【箒娘バースト!!】

 説明  : 魔女っ娘・巫女・委員長・ロボメイドが居て萌えれない萌え小説ここに開幕
 連載期間: 2011年七月〜九月 全十三回
 URL   : http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=364436

【箒娘バースト!!!】

 説明  : !を増やしたけど、相変わらず萌えない鉄くず小説ここに再開
 連載期間: 2012年一月〜四月 全十三回
 URL   : http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=960804

単発シリーズ/短編

【お嬢は食わねど高飛車に】

 説明  : ギャンブル狂とお嬢様という異色の組み合わせのギャンブル小説
 連載期間: 2011年十月〜2012一月 全十三話
 URL   : http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=539105

【君は何かの女王さまなのかい?】

 説明  : 某洋楽をテーマにした作品 同棲なんてしたことないのによく書いたもんだ
 URL   : http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=166609

鞍馬寺の兄弟】

 説明  : BLに挑戦してみたんだ。。。
 連載期間: 2012年六月〜七月 全十三話
 URL   : http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=351412

というわけで


 味噌舐め星人の再会の目途が立ちません。
 私のリソースが「隣のお妹さん」「紅い瞳の竜騎兵」「河童いまり」「お嬢は食わねど」で、全て食いつぶされているからに他ならないのですが、どれも中途半端に止めるわけにもいかず。
 いや、そもそも味噌舐めも中途半端にやめるわけにはいかないものなのですが。
 平日に小説を上梓できるほどの体力は、サラリーマンの私には残ってないのですよ。
 一ページも無理なんです。というか、下手に引きずると次の日の業務に支障が。。。


 で、休日も殆ど執筆活動に充てて、って、それだけやってもこの程度のPVかと。
 この程度の小説かと。


 割に合わない。やめたい。勝手にやめろ、五月蠅ぇ、誰が止めるか糞がっ!!

俺を使えよ!!


 そんなに信用ならないか!!
 二年くらい小説続ける根性見せても駄目か!!
 ちゃんと終わらせられないから駄目か!!


 ふざけんな、そんなもんどいつもこいつも同じだろうが!!
 キモイって思ってるんだろう、糞が、くたばれ!!
 二年間は定期的に稼がせてやるって言ってんだよ!!
 なのになんで俺を使わない!!


 誰がてめえらに俺の小説を扱わせてやるか!! くたばれ、くたばれ、くたばれっ!!!

こんなに頑張って書いてるのに。


 まったく読む人が現れないのは、やっぱり私に才能がないからですかねぇ。
 いや、もうちょっと読む人のことを考えた作りにすればいいだけか。。。

なんかもう、色々やってみてタダでやるのはアホらしくなってきた。


 なんの交渉もせずに、ただ自分を切り売りするのは止めようかと思う。


 これだけ電子書籍とか展開しやすい世の中なんだし、やり様は幾らでもあるでしょうに。